ネットスクール

TOP > 学校・企業の方へ > 商業高等学校向け教材のご案内 > はじめての簿記
はじめての簿記
はじめての簿記
教科書番号
商業341
ISBN
978-4-7810-0011-4
判型/ページ数
B5版/315ページ
発行日
平成31年1月30日
価格
文部科学大臣が認可し官報で告示した定価
※お買い求めは全国の特約供給所へ
特長
「簿記を好きになってもらいたい」との思いから、本書は次のように作りました。
導入をわかりやすくしました⇒興味が持てる
簿記を「簿記の世界」の話にするのではなく、Chapter1は「身のまわりの簿記」として、「自分貸借対照表」「自分損益計算書」の作成を通じて、簿記を身近なものとしてとらえてもらえるように工夫しました。
とにかく、理由を書きました⇒脱・暗記
なぜ前受金では売り上げにしてはいけないのか、元丁欄・仕丁欄の「丁」の意味、「券」の字の中が「刀」である理由、売掛金と未収金を使い分ける実務上の意味、などといった生徒さんが疑問に思ったり間違えたりするところの理由を、ことごとく書きました。
本質を書きました⇒簿記を面白くする
仕訳のルールとして「取引が逆なら仕訳も逆になる」や、付随費用は常に原価に含まれる「取得原価主義」、収益に貢献したものだけが費用になる「費用収益対応の原則」など、簿記の本質を知ってもらえるように書きました。
未来ある生徒さんが、暗記に追われて簿記が嫌いになることだけは、なんとしても避けたいという思いで作りました。
みなさん、ぜひ見てみてください。
参考データ

「はじめての簿記」を使用した年間学習系指導計画およびシラバスのサンプルを掲載いたします。
ご自由にお使い下さい。

年間学習指導計画 教科・科目シラバス
前期・後期制用    
3学期制用    
目次
Chapter1 身のまわりの簿記
0 簿記の自己紹介
1 自分貸借対照表を作ろう!
2 自分損益計算書を作ろう!
3 貸借対照表と損益計算書
Chapter2 仕訳と転記
1 仕訳ってなに?
2 勘定と口座への集計
3 仕訳帳と総勘定元帳
Chapter3 決算の手続き(1)
1 決算とは
2 試算表の作成
3 精算表の作成
4 決算振替記入と帳簿の締切り
5 損益計算書と貸借対照表の作成
Chapter4 現金と当座預金(1)
1 現金
2 当座預金
Chapter5 現金と当座預金(2)
1 現金過不足
2 当座借越
3 小口現金
Chapter6 商品売買
1 三分法
2 掛取引
3 返品と値引き
4 商品売買の諸費用
5 売上帳と仕入帳
6 商品有高帳
7 売掛金元帳と買掛金元帳
Chapter7 手形(1)
1 約束手形
2 為替手形
3 手形の割引き
4 手形の裏書譲渡
5 手形記入帳
Chapter8 有価証券・固定資産
1 有価証券
2 固定資産
Chapter9 その他の債権債務
1 手形貸付金と手形借入金
2 未収金と未払金
3 前払金と前受金
4 仮払金と仮受金
5 立替金と預り金
6 商品券と他店商品券
7 引出金と税金
Chapter10 決算の手続き(2)
1 決算整理記入
2 売上原価の計算
3 貸倒れの見積もり
4 消耗品の処理
5 収益・費用の繰延べ
6 収益・費用の見越し
7 見越し繰延べの解法と再振替仕訳
8 決算振替記入と帳簿の締切り
Chapter11 精算表・財務諸表
1 精算表
2 損益計算書と貸借対照表
Chapter12 本支店会計
1 本支店会計
2 合併財務諸表の作成
3 精算表の作成と帳簿の締切り
Chapter13 伝票会計
1 3伝票制
2 5伝票制
3 仕訳集計表
Chapter14 複合仕訳帳制
1 複合仕訳帳制度(特殊仕訳帳制度)
2 仕入帳・売上帳と二重転記
3 コンピュータを利用した会計処理
Chapter15 特殊商品売買
1 予約販売
2 未着品売買
3 委託販売
4 試用販売
5 割賦販売
Chapter16 手形(2)
1 手形の更改
2 手形の割引き・裏書きと保証債務
3 手形の不渡り
4 為替手形の特殊な用法
5 荷為替の取組み
《発展》株式会社の会計
1 株式の発行による資金調達
2 社債の発行による資金調達
3 税金等の処理
4 剰余金の配当
編著者
監修
新田 忠誓(一橋大学名誉教授)
執筆
桑原 知之(ネットスクール株式会社代表取締役)
協力(五十音順)
平 博之(新潟会計ビジネス専門学校副校長)
長谷川 清晴(元千葉県立東金商業高等学校教諭)
二重作 圭祐(太田情報商科専門学校教員)
堀川 洋(堀川塾塾長)
学校・企業の方へ